×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP ペット・タクシーって? ご利用方法 料金表・オプション・割引き 営業エリア・車両・装備品等
プライバシー・ポリシー・お問い合わせ どんなペットが乗れるの? 犬種の目安 ご利用規約 リンク集

ワンちゃん専門運送業
Yahoo! JAPAN
ペットタクシー / 選び方
ペットタクシーって何?
 
 
最近ちらほらと耳にする「ペットタクシー」ですが、一体どういった「モノ」なのか?どのようなサービスがあるのか?
 正直言ってイマイチよく判らない、という方が大半ではないでしょうか?
 ここでは、そんなオーナー様方の疑問の解消や、業者選びの参考になるような情報を提供して行きたいと思います。

 まず「ペットタクシー」という呼称ですが、これは便宜上使っているものです。「ペットタクシー」といった事業が存在している訳ではありません。他に「ペットキャブ」とか「ペットハイヤー」等々の呼び名があります。或いは単に「ペット送迎サービス」と呼称している業者もあります。
 「ペットタクシー」と言っても、その呼び方から想像される様な「タクシー」ではなく、「貨物運送事業」の一形態となります。
 
 一般的な「タクシー」は「一般乗用旅客運送事業」となり、専ら“人を乗せて輸送する事”がその仕事となります。
 ※「道路運送法」 参照。
 
 しかし「ペットタクシー」は「貨物運送事業」となり、専ら
“貨物や荷物を輸送する事”がその仕事となります。
 ※「貨物自動車運送事業法」 参照。
 
 同じ「タクシー」という呼称は使っていますが、似て異なるもの。開業のための許認可や必要な資格なども含め、全く異なった事業となります。

 
 「ペットタクシー」の場合は、後者の「貨物運送事業」となる訳ですが、それは何故か?
 それは、現行法上では「ペット」は「モノ」として扱われているからです。ですから「モノ」を運ぶ以上は「貨物運送」となる訳です。
 加えて言うと「貨物運送業」である限りは、人を乗せて運び、尚且つ運行費として料金を収受する事は認められていませんし
違法行為となります。支払う料金の多少は関係ありません。人を運んで運賃を取る事自体が違法なのです。
 また「ペット」を運ぶ場合でも、その輸送料金を収受するには「貨物自動車運送事業」の認可を取っていなければなりません。認可を受けずに、運賃・送迎料等々の名目で料金を収受する行為は、その多少に関わらず
違法行為となります。
 
 一般の車両と「貨物自動車運送事業」の認可を取った車両の見分け方は・・・・・・
 @普通・大型自動車の場合は
「緑地に白文字」のナンバープレートを付けている。
 A軽自動車の場合は
「黒地に黄色文字」のナンバープレートを付けている。
 
 これらのナンバープレートが付いていない場合は正規の認可を受けていない車両です。事業ナンバーではない車両で運送し、尚且つ料金を収受している業者は
「違法業者」ですので、絶対に利用しない事です。
 
 最近、一部のペットショップやペットサロンなどで「送迎サービス」などと称して料金を請求している業者がありますが、これらの行為も料金の多少に関わらず
「違法行為」となります。

(例.1) ペットサロンの送迎サービスが有料となっている。

1.車両は事業用ナンバーではなく、一般のナンバープレートの場合。
2.「車の中でも世話をしている」や「これはペットシッター料金の一部だ」などが業者側の言い分のようですが、これは詭弁に過ぎず、どう言い繕っても
「違法行為」である事は明白です。
3.送迎の際、オーナー様とペットの両方に対して料金を請求している場合は「旅客自動車運送事業」及び「貨物自動車運送事業」の両方に関わる法律に違反している事となり、
相当悪質な業者と言えます。絶対に利用してはいけません。何かがあった時、巻き添えを食らう可能性が出て来るかも知れません。

(例.2) ペットショップやブリーダーからの配達に対して運賃を請求された。

1.輸送にペットタクシーや宅配便・飛行機などを利用し、その掛かった費用を請求する事は問題ありません。
2.会社、或いは従業員などの所有する「事業用ナンバー」ではない車両で配達し、その際に「配達料」などの名目で料金を請求するのは
「違法行為」です。
3.「自分の車で自分の犬を運んで何が悪い」などと言い逃れをしようが、購入者宅に配達する以上、そのペットは既にオーナー様のペットです。ペットショップやブリーダーのペットではありません。つまり、これらも業者側の詭弁に過ぎず、どう言い繕おうが
「違法行為」です。


(例.3) ペットタクシーとは別に、ペットホテルやペットシッターを兼業している業者の場合。

1.2007年現在、ペットタクシーの開業に必要なのは「貨物運送業」としての届出・認可だけです。が・・・
2.
ペットホテルやペットシッターの営業には「動物取扱業」としての登録が必要です。
3.「改正動物愛護管理法」第22条第1項で「動物取扱業者は、事業所毎に、環境省令で定めるところにより、当該事業所に係る業務を適正に実施するため、動物取扱責任者を選任しなければならない」事となっています。
4.「同法」第10条第2項では「動物取扱責任者の氏名を登録申請記載事項にする事」第11条第1項で「登録事項にする事」を定めています。
5.「同法」の規定を受け、動物愛護管理法施行規則第3条第1項第3号では「事業所ごとに、一名以上の常勤の職員が当該事業所に専属の動物取扱責任者として配置されている事」と定められ「動物取扱責任者は、常勤かつ専属でなければならない事」が明示されています。
6.「動物愛護管理法」施行規則第9条で、動物取扱責任者は・・・
(イ)営もうとする動物取扱業の種別ごとに表1右欄に定める種別に係る半年間以上の実務経験がある。
(ロ)営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業している。
(ハ)公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を取得している事の証明を得ている。
・・・という三つの要件の中のどれかに該当しなければならないと定められています。
これが「動物取扱責任者に求められる専門知識・専門技術に関する要件」で、この要件を満たさなければ「動物取扱責任者」になる事は出来ません。
尚、(イ)に規定されている表1によると「販売には販売・貸出しの実務経験」「保管には販売・保管・貸出し・訓練・展示の実務経験」「貸出しには販売・貸出しの実務経験」「訓練には訓練の実務経験」「展示には展示の実務経験」があればよいとされています。

店内に「動物取扱業」として登録した証となる「標章」が掲示されておらず、尚且つ「動物取扱責任者が選任されて」おらず「動物取扱責任者が事業所に専属か常勤で配置されていない」場合、その「ペットタクシー」業者は「違法業者」となります。利用する際には、十分な確認をお忘れないようにお気を付け下さい。
既に、実際に被害に遭われた方々が多数存在しています。


(例.4) 宅配業者が「一般の荷物・貨物」などと一緒に「生体」を搬送する行為。

この場合は「依頼を受けた宅配業者」も「依頼をした側の人間
も「違法行為」となり、罰せられます。
「料金が安いから」と、迂闊には利用しない事です。
このような宅配業者は
「有り得ないほどの非現実的な低料金設定」となっています。

違法な「ペットタクシー業者」が横行しています。

「悪徳ペットタクシー業者」にご注意下さい。

※特徴としては・・・
・「料金が異常に安い」 (異常に安いのは、現実にガソリンが高騰している事から考えても、変です)
・「異業種からの突然の参入」 (生体に関する知識を持っているとは考え難いです)
・「ペットの扱いとは全く関係のない事を強調・謳い文句にしている」 (生体の取り扱いとは全く関係ありません)
・「料金体系が曖昧」 (支払い時に、予想もしていなかった追加料金を請求される事も有り得ます)
・「営業ナンバーを取得していない」 (明らかに違法業者です)
・「個人営業であるにも関わらず“24時間対応”となっている」 (現実的に考えて、不可能です)
・「特定商取引などに関する表記がない」 (表記しているのが常識です)
・「プライバシー・ポリシーの記載がない」 (表記しているのが常識です)
・「同乗者に料金が発生する」 (違法行為です)
・「電話での対応が遅い・言葉遣いが横柄」 (初めから相手にしない事です)
・「メールでの問い合わせに対する返信文が常識外れな内容」 (初めから相手にしない事です)
・「見積りが不可」であったり「予約を急がせる」 (このような業者は初めから信用出来ません)
・「質問に対して、明確な返事が出来ない」 (このような業者は初めから信用出来ません)
・「サイトが判り難い」若しくは「サイトが簡単過ぎる(手抜き)」 (このような業者は初めから信用出来ません)
・「所在地・代表者が明記されていない」 (このような業者は初めから信用出来ません)
・「固定電話の表記がなく、携帯電話の番号しか記載されていない」 (このような業者は信用出来ません)
・「様々な職業と兼業している」 (依頼に対して迅速に対応出来る筈がありません)
等々、サイトの内容や問い合わせに対する対応、法律に則った営業か等をご確認頂き、十分に検討し、お調べになった上で、ご利用される事をお薦めします。


※違反者には・・・3年以下の懲役、若しくは300万円以下の罰金が課されます。
※(例.3)の場合は別の罰則が課されます。

 
貨物自動車運送事業法 参照。
 ※例外もありますが、その場合でも許可を取る必要はありますし、あくまでも短期間に限定されたものとなります。

「ペットタクシー」とは、専ら「ペット」を輸送する事を目的とした貨物運送業であり人を乗せて運行する事は認められていません。
 
良い業者の選び方

 インターネットから「ペットタクシー」で検索すると、とても多くのサイトに出会う事と思います。一体どの業者を選べば良いのか判断材料もない事でしょう。
 選べるのはせいぜい地域くらいのものではないでしょうか?
 自宅から近い業者を探してみるのが一般的だと思います。しかし、その業者が「良い業者」か「悪い業者」かは、やはり判断基準はない事でしょう。
 自宅から近い業者が「良い業者」なら問題ありませんが、もしも「悪い業者」だったら・・・
 きっと後で嫌な気分なる事でしょうし、ペットタクシー業界全体のイメージダウンにも繋がる事でしょう。
 自宅から少々遠くても「良い業者」を選択する方が、後々気持ち的に違うのではないでしょうか?
 また、ペットタクシー業界に対するイメージも向上し、認知度も高まる事と思います。

 では、以下にその判断材料の参考になると思われる事柄を記載して行きたいと思います。

ウェブサイトを見て。
 
1.サイトは見やすいか?知りたい事が簡単に調べられるようになっているか?
2.
貨物自動車運送業の認可を取っているか?
※車両の写真が掲載されていればナンバーの色を確認する事。
  普通車なら「緑地に白文字ナンバー」、軽自動車なら「黒地に黄色文字ナンバー」
  ナンバーが通常のものであれば「貨物自動車運送業」の認可を受けていない
「違法業者」です。
3.
所在地や代表者の氏名が明記されているか?
4.営業時間や休日、料金体系などが明確で解りやすいものになっているか?
5.同乗者に対しての料金が発生するか?
※同乗料金が発生するのなら、そこは「違法業者」です。
6.固定電話・携帯電話・メールなど、連絡方法が複数あり、選択出来るようになっているか?
7.利用方法の説明が掲載されているか?
8.
扱える「ペット」が明確にされているか?
※私の場合は、原則として「犬専門」です。

9.利用規約が明確に記載されているか?
10.
個人情報保護に関する記載はあるか?

問い合わせてみて。
 
1.
電話での応対は丁寧で親切か?
※兼業している業者が多い為か、面倒臭そうな応対をされる場合が多々あります。
※予約を入れるかどうか決まっていない場合、単なる問い合わせには答えない業者もあります。
2.
不在、或いは留守電に対しての対応は迅速か?
※留守電にメッセージを残しても、返事が半日後に来るような業者もあります。
3.
メールでの問い合わせに対しての返信は早いか?
※メールでの問い合わせに対し、全く返事を返して来ない業者もあります。

見積もりしてみて。
 
1.
見積もり内容は詳細に説明されているか?
※見積り料金をそのまま請求する業者と、見積り時は概算料金を算出し、利用時には実走距離から計算し請求する業者があります。(当社は後者に当たります)
※見積り金額が、あまりにもアバウトな業者は避けた方が良いでしょう。
2.
見積もり料金以外に費用などが発生する場合、それが明確にされているか?
※見積りにない金額を請求される場合があるそうです。
3.
見積もり後、確認の連絡があるか?
※メールを利用した場合、メールが届いていない事があるので、その為のアフターフォローがある業者は良心的と考えても良いと思います。
4.
予約や契約を急かすような業者は避けるべき。
※このような行為は、やはり気持ちのいいものではありません。

その他。
 
1.
「ペット」なら何でもかんでも扱う業者は衛生上問題があるので、利用は避けた方が良い。
※完全な除菌は、専門業者にでも依頼しない限り不可能ですし、高額なものになります。現実に行えるのは、滅菌処理する事が精一杯です。昨今、様々な外来の生物なとが原因と思われる、新種の動物由来の感染症が報告されています。これらのウィルスはいつ突然変異を起こすかも知れません。それらの新型ウィルスがオーナー様のペットに感染してしまう可能性は、決して低くはありません。
※私の場合は「犬専門」です。ある程度は専門化している業者の方が信頼出来ますし、安全だと思います。
2.
常時、一度に大量に搬送する業者は避けた方が良い。
※顧客から依頼されて、止むを得ず行っている場合は別です。
3.
「ペット」の搬送は、安全な方法を採っているか?搬送方法が明確にされているか?
※近年は「ペットケージ」や「ペットキャリー」を利用するのが安全面からも常識となって来ています。
※未だに、荷台や後部座席で自由にさせて搬送している業者は「安全意識」が低いと思われるので避けた方が良いでしょう。
4.オーナーの同乗は可能か?その際に料金は発生するのか?
※オーナーの同乗に対して料金を請求する行為は違法です。
5.割引制度など、細かいサービス面などが充実しているか?
6.「ペット」の扱いに自信を持っているか?或いは自信がなさそうかをチェック。
※特に異業種から参入して来た業者には注意が必要です。
※「ペットが好き」や「犬が好き」だけでは出来ない仕事です。
7.
扱っている「ペット」に対する知識や経験は豊富か?
※こちらもEと同様の注意が必要です。
8.
オプション料金などが明確に記載されているか?
※何も記載されていないのに、後から請求してくる業者が存在するようです。
9.ペットタクシー専業か?他業種・異業種との兼業か?
※異業種から参入して来た業者は、当面は避けた方が無難だと思います。
※兼業の場合は柔軟性に欠ける場合があります。
10.
料金は本当に妥当な金額か?
※現状のペットタクシー料金は高額過ぎると思います。数社から見積りを取って比較される事をお勧めします。



 サイトを公開している業者の場合は、そのサイトの内容は貴重な情報源となります。
 でも、プロに依頼すれば、いくらでも見栄えの良いサイトは作れます。見栄えに騙されない様に・・・
 ※因みに、このサイトは自作です。
 見栄えよりも内容をチェックしましょう。
 見栄えの良いサイトは大体が業者に依頼して作成して貰っています。
 
サイトの作成は非常に高額なものです。おそらく料金で回収しているものと思われます。
 
 
他のサイトをコピーして利用しているような業者はモラルに欠けています。そのような業者は信用出来ないので利用しない事です。
 
 
キレイなパンフレットやチラシを大量に配布している業者もどうかと思います。
 またフリーダイヤルを設置している業者は、料金が高額になるようです。
 これらも、やはり宣伝やフリーダイヤルにかかった経費は、料金で回収しているものと思われます。

 逆に宣伝や広告に経費をかけていない業者の方が、料金は妥当なものになっているのではないでしょうか?(希望的な憶測ですが・・・)
 
 
口コミで評判の良い業者の方が信頼出来ると思います。
 
 
サイトを見て、料金やオプション、キャンセル料金、利用規約などが記載されていない業者は避けた方が良いでしょう。
 所在地や代表者が記載されていないような業者は相手にしない事です。また、個人情報保護に関する記載がない場合も同様です。

 
 中には「24時間対応」を謳っている業者がありますが、ペットタクシーの殆どが「個人事業者」です。現実問題として「24時間対応」などは不可能です。また殆どの業者は「ペットシッター」など、他の事業との兼業で営業しています。このような現実を考えると「24時間対応」を謳っている業者は信用出来るのでしょうか?
 いざという時に「無理です。」と断られたり、居眠り運転などをされたら最悪の事態にもなり兼ねません。
 現実に即していないサービスを謳っている「ペットタクシー業者」を選択する際には、十分に注意して下さい。

 車両の画像は、あるに越した事はありません。せめて使用している車両名ぐらいは明記している方が好ましいと思います。(と言いながら、私もまだ車両の画像をアップ出来ていませんが・・・)
 
車両には「ウィンドゥフィルム」を貼り、外部からの視線を遮るようにしている方が好ましいと思います。
 多少なりとも、ステッカーや社名などは車両に貼っているものですから、外部からジロジロ見られる事もあるでしょう。これはオーナー様にとっては、身の置き場に困る事でしょう。
 
また「ウィンドゥフィルム」を貼る事によって、夏場の車内への断熱効果やエアコンの効き具合も大きく変化します。これは暑さが苦手なワンちゃんにとっては、とても大事な事です。
 このような小さな事も、是非チェックして下さい。これだけでも、業者がワンちゃんの事を理解しているか否かの判断が出来ると思います。
 
 
車両に、ステッカーや塗装で派手派手に社名やイラストなどをペイントしている業者は如何なものでしょう?
 オーナー様によっては目立たない車両で来て欲しい事情のある方もいらっしゃるでしょうに・・・
 適度なら良いのですが、あまり奇抜な車両を使用している業者も、ちょっと避けた方が良いのではないかと思います。
 車両と共に、常備している設備の記載があれば、その業者はある程度信頼出来ると思います。
 特に使用している消臭剤や除菌剤は要チェックです。
 保有しているペットケージやペットキャリーの種類・サイズ・数なども要チェックです。
 
 車両が清潔かどうか・・・こればかりは現車を見るまでは判断のしようがありません。
 
 次に、やたらと「資格」を羅列している業者が存在しますが、現状では「ペットタクシー」の営業に際して必要な資格はありません。これは関係省庁などに直接問い合わせて確認済みです。
 普通一種自動車免許(AT免許も含めて)さえ持っていて、事業用ナンバーを取得していれば何も問題ありません。
 数年後には必要になるかも知れませんが、あまりに「資格」の数を前面に押し出しているような業者は、逆に自信のなさを露呈しているように感じます。
 極論を言えば、通信教育でしたら勉強などしなくても資格は取得出来ます。
 資格を持っていても、実際には「生きたペット」の飼養経験のない者が営業している「ペットタクシー」も存在します。
 資格には「値打ちのある資格」と「値打ちのない資格」がありますから、あまり資格の数に惑わされないように注意して下さい。

 料金に関してですが、私自身は数回に分けて料金の改定をしました。実質的な値下げですが、そのような行為を批判的に唱える「ペットタクシー業者」もいます。
 「低価格の業者は、値段を下げないと成り立たないからだ」とか「人気がないから値下げするしかなかったのではないか」「燃料が高騰しているのに値下げ出来るはずがない」等々、様々な論点から批判する「ペットタクシー業者」が存在します。
 しかし、私は現状の「ペットタクシー」の料金が高過ぎると感じているから見直しをし、価格を下げています。一部の批判的な意見に惑わされず、こういった面も考慮して判断して頂きたいと思います。
 加えて、私の場合は「ボランティア」に近いスタイル・・・「ビジランティア」・・・で運営して行きたいというポリシーがあります。「儲け主義」で開業したのではありません。根底には「困っている人達の役に立てないか?」という考えがあります。他の「ペットタクシー業者」とは同列で見られたくない、というのが本音です。
 「ビジランティア」・・・聞き慣れない言葉でしょうが、簡単に言えば「ボランティア」と「ビジネス」を融合させたものと考えて下さい。

 「自分が利用する立場に立って納得出来る料金・サービス」でなければ、誰も利用しようとは思ってくれないのではないでしょうか?

 でも、良心的な「ペットタクシー業者」は多く存在しています。(そう願います)

 以上、これらの事を参考にして、貴方が納得して利用出来る「ペットタクシー業者」を見つけて下さい。


         
※当サイトの内容を無断転載・転用・コピーする事を禁止します。
(注)最近、当サイトの内容を丸ごとコピーして開業している業者が何社かありますが、当社とは全く関係ありませんのでご注意下さい。